プロフィール

エンジェル・メディテイティブ・ヒーラー ダリヤ利加 (ダリヤ リカ)
  • 天使の瞑想家・エンジェル・メディテイター
  • ドリーン・バーチュ博士公認
     エンジェルセラピープラクティショナー ATP®
    &エンジェルセラピストTM
  • レイキ・マスター
  • 1966年インディゴチルドレンのパイオニアとして生まれる。
    幼少の頃から芸術に触れる生活通して高次の存在と触れ合っていた。
    感受性が豊かなことで何度となく人とぶつかり、家族とぶつかり、社会とぶつかり、自分とはどんな存在なのだろう?生きる意味を探求続けていた。
  • 1994年テイクサニヤス
    Ma Prem Dariyaの名を頂く。Prem=Love Dariya=Oceanを意味し私の本質でもあり、今世の課題でもある。
    ありのままの自分の存在に目を向ける。今、ここに在ること、意識的に瞑想的な生活をしながら
    ミステティズムの学びを続ける。自分自身の様々な可能性の花に目を向け、美しく咲かせていく。
  • 2007年勤務先の映画配給・制作会社が合併吸収されることが大きなきっかけとなり、米国カルフォルニアのラグナビーチにてドリーン・バーチュー博士のATP(R)コースに参加しエンジェル・セラピー・プラクティショナー(R)に認定される。
  • 2007年10月自宅にてサロン『アンジュダリヤ』オープン
    瞑想(Dariya)とエンジェル(利加)を融合したオリジナルセッションは評判が高い。
    2010年子宮筋腫が見つかり治療を始め、自分の体とハートにトータルに向き合う。特に女性性にフォーカスし、病気の原因を内なる声に耳を傾け気づき体質改善、食事療法、セルフヒーリングと出来ること全て行う。
    2012年1月多発性子宮筋腫により子宮全摘出手術を受ける。
    子宮とは愛が宿るスペースであり、子宮という肉体の一部を失っても今まで受取った愛は決して失うことがないことに気づく。女性は自分よりも先に誰かをサポーとするという条件付けられてきている。それが女性としての我慢が婦人科系の疾患を引き起こしている原因もあるとわかり、この経験が多くの女性の為に必要だと、女性性の解放をテーマとしたライフワークを始める。
    女性としての本質触れ、あなた自身を愛すること、愛を受け取ることをサポートしていきます。
  • プライベートではクラッシック音楽を愛し、シャンソンを歌う時は女優気分。映画に舞台と劇場に足を運ぶ姿はフェアリーのように身軽。
    スピリチュアル本よりも児童書が大好きで、小説の中から真実を見つけ出すのが得意。キラキラした場所に惹かれるエンジェル・メディテーター。
    現在『インディゴの道』(仮題)『あなたの内なる女神様を見つけましょう』(仮題)執筆中